TOP

就職活動のためになるノウハウを掲載しています

合同説明会の重要性

合同説明会とは、複数の企業が参加し、学生にそれぞれの企業の情報を提供する会です。複数の企業が運営する、それぞれの開場ブースでは、企業の人事担当者が、自分の会社の情報を、学生に説明しています。それぞれの起業ブースで、企業の人事担当者と話すことで、インターネットなどの一方通行の情報では、いまいちわかりにくかった企業の雰囲気や、空気などを肌で感じることができる貴重な経験になります。合同説明会に参加すると、それぞれの会社に個別に参加する時よりも、気軽に、より効率的に、情報を収集する事ができます。同時に企業に触れる事で、その違いが、より分かりやすくなっていますので、合同説明会には、必ず参加して行きましょう。企業側も、他の企業が目的で参加した学生さんを取り込もうとしていますので、単独の企業説明会のときよりも、丁寧に質問に答えてくれますので、これを機会に、日頃から疑問に思っている事を質問していきましょう。


話題の面白い企業【株式会社コネクト】(風俗業界)

採用試験とは、会社が正社員を主に採用する場合行う試験のことです

採用試験とは、会社が正社員を主に採用する場合行う試験のことです。この試験の過程や方法は、非常に会社によって違っています。また、基本的に日本の会社の場合、正社員を採用する場合は一括で新卒を採用します。この試験は、受験する人と会社がマッチするかどうかを見極めるものです。ほとんどの会社は、合格した場合にメールあるいは電話で数日後までには受験した人に連絡をします。また、合格がその場で決定される場合もあります。一方、不合格になった場合は連絡がある場合もありますが、全く連絡がない場合も多くあります。会社の大手の場合は、以前は採用を学歴などで採用していたそうですが、近年は履歴書やエントリーシート、筆記試験でまず選ぶようになっています。その後、会社説明会があり、おおむね数回の面接があった後内定になります。面接の場合には、テーマとして時事問題などを取り上げて、グループディスカッションなどを行う場合もあります。

適性検査対策もやっておこう

最近では企業の就職活動の考え方も変わってきています。就職活動をする際に書類選考・試験・面接だけではなくて適性検査も受けなければいけません。この検査は新卒採用においてとても重要なウェートを占めています。検査には様々な種類があってその人の性格を検査するものや学力を検査するものなどがあります。学力検査は試験と一緒にする場合もありますが、検査になりますので、総合的にその人を見極めるために重要な検査になります。適性検査という言い方をする企業もあれば筆記試験・適性診断・適性テストと言った言い方をします。これらの検査に加えて面接や筆記試験も行わなければいけないので、学生は様々な角度から就職活動の準備をしなければいけません。自分が希望している企業がどのような方法で試験や検査、面接を実施するのかを事前に情報収集してから望むようにしてください。大学の職員のアドバイスを聞いたりインターネットから情報収集をして総合的に対策をして当日を迎えるようにしてください。