>  > インターンシップの重要性

インターンシップの重要性

最近の学生は就職活動をする前に研修生という位置づけで一定期間自分が将来働きたいと思っている業種で就業体験をする学生が増えてきています。このような就業体験制度をインターンシップと言います。今まで日本ではあまり馴染みが無かった制度ですが、2000年に入ってから様々な場面で使われるようになりました。学生がどのタイミングでインターンシップを行うのかというと、3年生の春休みや夏休みを利用して就業体験をする学生が多いです。就業体験ができるメリットは就職活動をする際に活動する前から自分が働きたい分野の就業体験をしておくことでその業種を知ることができてミスマッチを防ぐ役割もあります。就業体験をすることで金銭が支払う企業もありますが、基本的には社会勉強という位置づけで体験活動をしなければいけないので、労働にならないのか?という批判もありますが、学生にとって就職活動をする前に企業の環境や業務内容を知ることができるメリットがあります。

[ 2015-06-29 ]

カテゴリ: リクルートノウハウ紹介